What's New     
     
     
-過去1、2年以内の主な動き(滞在システムや契約システムの変更や、主な設備の更新など)を掲載しています。-

       
       
  2021年10月2日    LATEST  STATEMENT 21 - COVID-19 
       
      前回のStatementでお伝えしました通り、英国のロックダウンは既に全面解除されています。ロンドンなど一部大都市では公共交通機関でのマスク着用義務が条例として残されているものの、国としては、マスク着用、ソーシャルディスタンスを含めて課している制約はありません。お店や主催者における自主的なルール設定や、人々の自主的な対応は見られますので、社会はWith Coronaの段階にあります。

一方で国境の規制は続いており、現在18歳以上の日本からの渡英者は、英国入国後に10日間の隔離義務があります。ただ今回、規制内容が少し変わります(下記)。主なものは隔離免除規定で、これまで英国内でワクチンを2回接種してNHS発行の接種済証明を提示できる場合のみだったものが、10月4日(月)からは一定の範囲の国で発行された2回接種証明も隔離免除の対象になり、それには日本も含まれます。(詳細は政府HPをご参照ください。)


●日本(レッドリスト以外の国)からの入国で、日本(英国が認める当該国・地域)でワクチンを完全に接種している証明書を提示できる場合
―入国前にすること―
 ・入国後2日目の検査予約
 ・乗追跡フォーム(Passenger Locater Form)の入力

―入国後にすること―
 ・入国後2日目の検査受検

※これまでから不要になること
 ・出発前のPCR検査受検
 ・入国後8日目の検査受検
 ・入国後自宅や滞在場所における10日間の自己隔離

●日本(レッドリスト以外の国)からの入国だが、日本(英国が認める当該国・地域)でワクチン接種を完了しておらず、接種証明書を提示できない場合
―入国前にすること―
 ・出発前3日以内のPCR検査受検
 ・入国後2日目及び8日目の検査予約
 ・乗客追跡フォーム(Passenger Locater Form)の入力

―入国後にすること―
 ・自宅や滞在場所における10日間の自己隔離(隔離期間の短縮を目的とするTest to Release制度有り)
 ・入国後2日目及び8日目の検査受検


ちなみに、10月1日(金)からは、英国から日本へ渡航する際の、日本側の国境規則も緩和されたようです。こちらもワクチン接種の有無(接種証明の提示が出来るか否か)で必要な対応が異なるようです。詳細は厚生労働省のHPをご参照ください。

弊社のハウスは本日も営業し、住居として隔離期間中を含めてご滞在頂いております。ご渡英の折りは滞在先の候補としてご検討賜れたら幸いです。ハウス内は安心な場所として保つ努力をしておりますゆえ、実際のご滞在におかれては衛生意識を高く持ってご生活ください。
 
       
 

  
  2021年7月    弊社サポートのバレエ生徒が今年も巣立っていきました。 
      ロイヤルバレエスクール、イングリッシュナショナルバレエスクールの卒業公演が行われ(昨年度は中止)、今年は4名の弊社サポート日本人生徒が卒業し、それぞれプロのダンサーとして世界中のバレエ団へ就職しました。 
       
 

  
  2021年7月15日    LATEST  STATEMENT 20 - COVID-19 
       
      先日英国政府より、最終段階として残っていたイギリス国内の規制や奨励を7月19日(月)に解除するという発表がありました。つまりロックダウンの解除です。今回解除される、最後に残っていた主な規制とその変化は下記の通りです(詳細は政府HP参照)。なお、ロンドン市長からの発表により、ロンドン市内の公共交通機関の利用においては、マスク着用の義務が残ることになりましたのでご留意ください。

● 公共の建物内や交通機関の利用におけるマスク着用義務 → 着用の義務なし
● 許可される行動以外におけるソーシャルディスタンスの保持 → 保持の義務なし
● ナイトクラブ類のお店の営業 → 営業可能
● 飲食やレジャー目的における屋内での6人、もしくは2世帯を超える集まり → 制限なし
● 屋外での30人を超える集まり → 制限なし
● 在宅勤務の奨励 → 奨励なし

日本からの渡英者に大きくかかわる国境規制については、基本的にこれまでと同様です。各国・地域をレッド(危険)、アンバー(注意)、グリーン(良好)の3つに分類し、それぞれからの入国ルールに従う必要があります。日本は依然としてアンバー国に分類されており、入国に際して求められる要件は下記の通りです。一方、英国出国における英国側の規制はありません。(日本政府における規制は有ります)

(1) 入国前にすること
 ・乗客追跡フォームの提出
 ・新型コロナウイルス検査の受検(陰性証明書の取得)
 ・入国後の2回(2日目以前と8日目)の検査予約
(2) 入国後にすること
 ・自宅や滞在場所での10日間の隔離(最低限の買い出しや通院などの致し方ない事情を除く)
 ・2回の検査受検
 ・任意で、自己隔離の早期終了の為の検査制度Test to Releaseの利用が可能


ただし、例えば日本への一時帰国などにおいて、英国在留中にNHS投与のワクチン接種を2回受けて14日間以上経過している方は、英国再入国にあたっては、出発地発行の陰性証明書と入国後2日目の検査は必要なものの、入国後の自己隔離と8日目以降の2回目の検査の必要がなくなります。ワクチン2回接種済みの証明書はNHSから無料取得できます。

また、8月16日(月)以降は、18歳未満の英国入国者は一律自己隔離の必要がなくなります。ただし、検査義務は年齢によって区別され、11~17才は出発地発行の陰性証明と入国後2日目のテスト受検、5~10才は入国後2日目のテスト受検、4才以下は検査受検の義務なし、となります。新学期に向けた渡英準備に大きく関わってくると思いますのでご留意ください。

いよいよロックダウン解除です。英国では最近感染者が増えているので不思議な感じもしますが、同様の感染者数だった以前と比べて死亡者数が著しく少なく、ワクチンによって重症化のリスクが大きく下がり、科学的に通常のインフルエンザに近い扱いになったためと思われます。もちろん、想定通りに進まない可能性もありますし、変異株の未知のリスクはありますから、注意深くモニターしていくようです。

弊社のハウスは本日も営業し、住居として隔離期間中を含めてご滞在頂いております。9月からは学校や会社も通常に戻る予定ですので、ご渡英の必要性が出てきた方は候補としてご検討賜れましたら幸いです。なお、ハウス内は安心な場所として保つ努力をしておりますが、まだまだ不安は残ります。ご滞在におかれては、お互いの不安をあおらぬよう、衛生意識を高く持ってご生活いただけたらと思います。
       
       
       
       
       
 

  
  2021年6月    各ハウスの細かいメンテナンスを進めています。 
      スイスコテージハウスRoom2のブラインドを新調しました。スイスコテージハウス2階の排水管清掃工事を行いました。カムデンタウン・スタジオのマイナーメンテナンスを行いました。 
       
 

  
  2021年5月    スイスコテージハウスRoom1をスタジオ化しました。 
       
      平常時はほぼ満室の各ハウスですが、コロナ禍の現在はとてもすいています。経費的には苦しいながら、この機を生かして各ハウスのメンテナンスや改装を進めております。そして先ごろ、スイスコテージハウスRoom1に、これまでの専用トイレ室に加えて専用シャワー室を設けました。

お部屋の位置から、料金表やHP内の案内ではスタジオのくくりとはせずにシェアハウス内の一室としていますが、内容的には全て専用のスタジオ(1DKマンション)です。ゆとりのあるお部屋としてご夫婦やご友人など、数名での利用にも対応します。また、建物の構造上、音も余り漏れませんので、お子様連れの方にもお勧めできます。 
     
     
     
 
       
 

  
  2021年5月3日    「長期レート」料金の割引改定を行いました。 
       
      弊社のハウスは住居の位置づけとして長期の滞在を望むことから、これまでもお得だった「長期レート」をさらにお安くしました。表示はBillやTax込みです。設備管理、契約や滞在環境の安心レベルを考えるとき、一般のシェアフラットより相対的に安価で有効になっていますので、是非ご利用ください。 
       
       
 

  
  2021年4月    アクトンタウンハウスの全面改装をしました。 
       
      平常時はほぼ満室の各ハウスですが、コロナ禍の現在はとてもすいています。経費的には苦しいところですが、この機を生かして各ハウスのメンテナンスや改装を進めております。そして先ごろ 2ヶ月近い期間をかけてアクトンタウンハウスの全面改装を行いました。キッチンもバス室も新品です。活動再開の折りは是非ご利用ください。 
     
     
     
       
       
 

  
  2021年3月13日    各ハウスの予約状況を掲載。 
       
      ご要望にお応えして各ハウスの大まかな予約状況を掲示することに致しました。様々な事情から、大まかな表示、数日間隔の更新になりますが、ご検討の参考にして頂けたらと思います。コロナ禍の現在はすいております。 
       
       
 

  
  2021年3月12日    3,4,5月、ハイドパークハウス限定20%割引。 
      3,4,5月限定、日頃人気のハイドパークハウスを、20%割引の料金でご案内します。Zone2のハウスと同等の料金となりますので、この機会に便利な中心地、緑のハイドパークそばでの生活をご体験ください。現在はすいています。 
       
    ご家族で短期の滞在先をお探しの方へ、お安い料金で一軒家貸し。 
      ご駐在の初めや終わりなどにおいて、ご家族(乳幼児可)での滞在先をお探しの方へ、お安い料金にてハウスやフラットの一軒家貸しを承ります。全ての設備が揃っているのでその日からご自宅のようにお使いいただけます。 
       
      隔離期間ご利用の方へ、必要品の買い物代行サービス 
      渡英で隔離期間が生じる方へ、ご希望があれば当面の必要品の買い物代行を承ります。予めリストを頂き、チェックインの際にお持ちします。代行料は£15/30分、買い物の領収書と合わせて当日ご精算いただきます。 
       
       
 

  
  2021年3月10日    ビルダー紹介サービス 
      改装工事やセキュリティー工事のビルダーを紹介頂けないかというご依頼にお応えして、弊社が日頃利用している協力会社の紹介をします。内容を添えてメールでお問い合わせください。内容が妥当な場合は該当する業者を紹介申し上げます。
なお、細かなお困りや修理に対応するものではございません。また、弊社が行うのは無料紹介のみですので、契約の成否を含めてその後には一切関知しません。対価を伴う業務としての立会や仲介は検討致しますのでご相談ください。
 
       
       
 

  
  2021年2月    ウエストアクトン・スタジオの手入れをしました。 
      平常時はほぼ満室の各ハウスですが、コロナ禍の現在はとてもすいています。経費的には苦しいところですが、この機を生かして各ハウスのメンテナンスや改装を進めております。そして先ごろウエストアクトン・スタジオの手入れを行いました。ベッド、テーブル&椅子を新調してスペースを広げました。また、シャワー室の手入れを行いました。活動再開の折りは是非ご利用ください。 
       
       
 

  
  2020年12月    各ハウスにクリスマスツリーを飾りました。ご滞在中の皆様は、このクリスマス、お正月はお家にいる時間が多くなると思います。何かと暗いニュースが続いていますが、クリスマスツリーのイルミネーションに、少しでもホッと癒されて頂けたら嬉しいです。
      We wish you Merry Christmas! 
     
       
       
 

  
  2020年10月    ウエストアクトンハウスのマイナー改装をしました。 
      Room1~3のカーテンを新調し、特に古い感じの内装になっていたRoom2は、ベッド、机&イスも新調してモダンに、そして、少し殺風景だった裏庭に、おしゃれな緑を配してみました。 
       
       
 
 
  2020年9月    少し古くなってきていたスイスコテージハウス2階バス室の洗面台を新調しました。良いサイズのものにかえることで脱衣スペースが広くなりました。 
       
 
  
  2020年8月    ノースアクトンフィールズスタジオ2室のバス室をメンテナンス改装しました。換気扇も静かなタイプのものに変更しました。 
       
 
  
  2020年7月    スイスコテージハウスRoom3の模様替えをしました。必要に応じてシングル、ダブル、ツインに変更可能なベッドを配しました。 
       
 
  
  2020年5月    カムデンタウン・スタジオの全体的な手入れをしました。 
 
  
  2020年4月    ハイドパークハウスのバス室ブラインドを新調し、Room4の模様替えをしました。 
       
 
  
       

   
  ☆★☆ぜひ、こちらもチェックしてください。☆★☆ 
Facebook https://www.facebook.com/londonapplehouseuk/
Instagram https://www.instagram.com/londonapplehouse/