Questions & Answers

 
 Q&A                                        
 
 
   よくいただく質問リスト           質問をクリックすると、回答へジャンプします。


このQ&Aは、基本的にシェアハウスに関するものです。ワンルームマンション(賃貸物件)についても、所々、付記をしていますし、そのまま適用されるものもありますが、不明な点はメールでご質問ください。
 
 
     
     
    どこの宿がおすすめですか?   
    見学は可能ですか?  
    周辺の治安はどうですか?  
    シェア室(ドミトリー)って何ですか?   
    複数定員の個室は、他の方と相部屋になる可能性もあるのですか?    
    貴重品はどのように管理すればよいですか?   
    男性も宿泊できますか?   
    宿に管理人さんはいないのですか?   
    日本人しか利用できないのですか?   
    滞在者の年齢層や目的に傾向はありますか?   
    皆さんどれくらいの期間宿泊されていますか?    
    家族やグループでも滞在できますか?   
    朝食は付きますか?   
    住所を教えてもらえますか?   
    友達を部屋に呼んでも良いですか?   
    代理で予約手続きをすることは出来ますか?   
    滞在開始後に延長する事はできますか?いつまでに言えばいいですか?   
    支払いはいつ、どのようにすれば良いですか?   
    カードは使えますか?   
    キャンセル規定について教えて下さい。   
    午前中や夜遅い時間でもチェックインできますか?   
    設備不良などの場合の返金はありますか?  
    チェックアウトの時間を延ばす事はできますか?   
    チェックイン日に先に(チェックアウト後に)荷物だけ預かってもらえますか?   
    滞在期間前や後に、しばらく荷物を預けられますか?  
    日本から荷物を送れますか?   
    空港以外からでもお迎えをお願いできますか?   
    送迎は早朝や深夜でもお願いできますか?   
    (宿泊なしで)送迎だけのお願いはできますか?   
    送迎はいつまでにお願いすれば良いですか?   
    ドライバーは日本人ですか?   
    飛行機やコーチが遅れた場合のお迎えはどうなりますか?   
    門限はありますか?  
    タバコは吸えますか?   
    ドライヤーはありますか?  
    消耗品はどこまで持参した方が良いですか?   
    Wi-Fi環境はありますか?   
    変圧器、変換プラグはありますか?   
    駐車場はありますか?   
    お風呂にお湯をためられますか?   
    暖房はいつ入りますか?   
    洗濯物を干すところはあるのですか?   
     
     
     
    回答一覧

上記質問の回答です。 
 
     
     
 
どこの宿がおすすめですか?
全ておすすめです!(笑)と申しますか、全ての宿はそれぞれに特徴があって、そこしかいらっしゃらないリピーターさんも多くいらっしゃいますので、どこが良いかは観点によります。大まかに申し上げれば、より安価、より落ち着いた雰囲気をお望みならアップルハウスやウエストアクトンハウス、アクトンタウンハウス。より便利、より賑やかな雰囲気をお望みならハイドパークハウスやステーションハウス、カムデンハウスとなります。ただ他にも、ご自身の目的地へのアクセスや、部屋タイプ、滞在期間などの観点がありますので、やはり一概には申し上げられません。全ての宿は、安全、少人数、安価、きれい、交通至便の基本条件は同じです。一方、立地や雰囲気はそれぞれに異なりますので、ご自身の目的やご予算、お好みの雰囲気などによってご選択いただけたらと思います。各宿の詳細はサイト内の各宿のHPをご参照ください。なお、予約状況などで物理的に選択肢が限られてしまう場合もございますのでご了承ください。
 
 
     
 
見学は可能ですか?
シェアハウスに関しては基本的に対応は致しておりません。常駐の管理人がいないこと、全てのお部屋がほぼ常時在室中で見学を理由に入室できないこと、落ち着いて生活されている全ての滞在者への配慮、が主な理由です。なお、特別なご事情に対してはアレンジさせて頂くこともございますのでご相談ください。
一方、ワンルームマンションについては、4か月以上の期間をお考えの方へは、対応させていただきます。
 
 
     
 
周辺の治安はどうですか?
ロンドンの治安は基本的に悪くはありませんが、弊社の各宿はその中でも安全と言われる環境にあります。主観ではなく、客観的にそう言われているエリアです。ウエストアクトンは日系駐在員ご家族が多く住む閑静な住宅街、スイスコテージも日本人にとても人気のある場所です。ハイドパークハウスはホテル街にありますし、若者の街、カムデンエリアに有るカムデンハウスも、カムデンタウン駅から一つ先のチョークファーム駅の近く、レストランが立ち並ぶ大通り沿いにあります。もちろん、どのエリアであっても100%の安全を保証できるものではございませんので、十分注意されてご生活ください。
 
 
     
 
シェア室(ドミトリー)って何ですか?
シェア室(ドミトリー)とは、一つのお部屋の中に複数のベッドを配置して、知らない人同士でシェアしていただく形態のお部屋のことです。ユースホステルの共同部屋などが典型例ですが、シェア室を備える宿泊施設は、その定員数の多さからどうしても雑多な雰囲気になりがちです。その点≪ロンドン・アップルハウス≫では、アップルハウスとカムデンハウスに定員3〜4名の女性専用シェア室が各1室あるのみで、残りのお部屋は個室ですので宿全体の人数が少人数に保たれています。この少人数制こそが、ゲストハウスといえども、ゆとり、きれい、快適を成し得ています。
 
 
     
 
複数定員の個室は、他の方と相部屋になる可能性もあるのですか?
いいえありません。個室はあくまで個室です。お部屋の定員数は、ご友人やご家族などにおいて、何名まで入れるかを表していますが、お一人でのご利用が最も多くなっています。なお、他人と相部屋になるお部屋はシェア室と呼んでおり、アップルハウスとカムデンハウスに女性専用のシェア室を各1室備えています。
 
 
     
 
貴重品はどのように管理すればよいですか?
貴重品ボックスのようなものはありませんので、ご自身で管理をお願いします。個室は全室鍵付きですし、シェア室の皆さんはスーツケースを施錠するなどして対応されているようです。滞在者は日本人女性中心で、リピーターさんも多いです。各宿の滞在者数はそこまで多くはなく、長い滞在の方も多いのでフラットメイトのようになりますし、一般的にイメージする海外のゲストハウスとは異なります。ただ、私どもが不確定要素の多い紛失等に関与は出来ませんので、所持品の管理は各自でお願いします。
 
 
     
 
男性も宿泊できますか?
はい、出来ます。シェア室は女性専用ですが、シェアハウスの個室やワンルームマンションに関しましては、ご夫婦、カップルさんや単独男性のご滞在も可能です。またシェア室をグループやご家族で借り切っていただく場合も可能です。
 
 
     
 
宿に管理人さんはいないのですか?
はい、基本的に皆様のみで生活していただいております。≪ロンドン・アップルハウス≫は、サービスを省いて皆様自身で生活いただく事によって、安価・少人数という相反条件を並存させたシステムで、言うなればフラットシェアのような感じです。ただ、通常のフラットシェアのようにミニマムコントラクト(最低契約期間)はありませんし、デポジット(預かり金)や契約書もありませんので、面倒な手続き無しで、ご自身の都合に合わせた期間のステイが可能です。もちろん、宿泊施設において管理人が居ない状況はネガティブな要素も生じます。健全な運営のためには、滞在者のシステムのご理解と協力心、マナーが必要になりますので、世界中の民族でもそれが最も可能であろう日本人の皆様専用の宿泊施設とさせていただいております。
 
 
     
 
日本人しか利用できないのですか?
いいえ、一定の条件がございますが日本人以外の方にもご利用いただくことは可能で、日本人以外の常連さんも少なくありません。一定の条件とは、日本に長期滞在経験が有るなどして日本人一般のマナーを理解しているか、そうでない場合は少なくとも初回は日本人の方と一緒にご滞在いただくことです。つまり、人種の違いが問題なのではなく、習慣や常識に理解があるかの問題です。これは、私どもの宿が、良い環境、安価、少人数を成し得るために、滞在者の協力やマナーを前提にして、管理人を置かずに運営している特徴的なシステムだからです。
 
 
     
 
滞在者の年齢層や目的に傾向はありますか?
乳幼児から80代までの様々な年代、性別、目的の方々にご利用いただいております。年齢層は、同様の宿泊施設と同じく、20代、30代のご利用が最も多いですが、40代、50代、60代以上の利用者もそれなりに多いのが≪ロンドン・アップルハウス≫の特徴です。男女比は、弊社のシェア室が女性専用なこともあって、女性が多くなっています。滞在の目的は、ご旅行、ご留学、ワーキングホリデー、ご出張、ご研究・調査、企業研修、短期駐在、大会出場など様々ですが、ご滞在の目的というよりは、ある程度の滞在期間がある方で、安かろう悪かろうではない、それなりに生活できる環境、洗濯や炊事のできる環境を求めている方のご利用が多いです。最近は、ホテル旅行ではなくて、現地の生活体験がしたいという目的のご利用も多いです。
 
 
     
 
皆さんどれくらいの期間宿泊されていますか?
1泊から1年ほどまで、様々な期間においてご利用いただいております。宿や部屋タイプ、季節によっても傾向は異なりますが、数週間から3か月くらいの中期利用が最も多く、最近は3か月から1年以上の長期利用も増えています。もちろん、短期利用もそれなりにおられます。日のある段階においては、保留させていただくこともございますが、極力ご案内しますのでお問い合わせください。
 
 
     
 
家族やグループでも滞在できますか?
はい、ご利用いただけます。個室の定員数は1〜3名、ワンルームマンションタイプのスタジオも最大3名ですので、それ以上の人数(グループやご家族)の場合は、シェア室や複数の個室、もしくは宿全体の貸切りをご検討いただくことになります。借り切り方次第で、1K、1DK、2DK、3LDKなど、人数に応じたスペースを確保できますし、宿全体を借り切ると完全プライベートのリゾートマンション/コンドミニアムハウスとして利用できます。なお、貸切りはある程度の期間からお願いしていますが、状況によっては1泊でも可能な場合はありますのでお問い合わせください。
 
 
     
 
朝食は付きますか?
申し訳ございませんが、朝食に限らず、ルームサービス等を含めて、食事のサービスはございません。私どもの宿は、『中短期でも、自分たちで自由に生活できる、安全で快適な空間を、安価に提供してほしい』というご要望に対応した形の宿で、サービスのある宿泊施設というよりは、シェアハウスのような感じです。なお、心ばかりではありますが、コーヒー・紅茶は補充させていただいております(切らしている場合はご容赦ください)。
 
 
     
 
住所を教えてもらえますか?
段階を経てご案内申し上げております。≪ロンドン・アップルハウス≫の各宿には常駐管理人が居りませんので、滞在者の安全及びご近所さんへの配慮から、住所表記には日頃より気を配っておりまして、お問い合わせの段階や、誰もが見ることのできるホームページには記載を控えさせていただいております。予約金をお振り込みいただいた段階や、リピーターさんには、ご留意いただきたい旨を申し上げた上でお伝えしております。
 
 
     
 
友達を部屋に呼んでも良いですか?
いいえ、親類、過去の滞在者、グループ宿の滞在者などの如何を問わず、その時点のその宿の宿泊者として弊社が把握している方以外の、宿への立ち入りは禁止です。第一は安全上の理由で、たとえご自身にとっては絶対的に信頼できる方であっても、他の方にとっては他人です。第二の理由は権利上の問題で、宿泊者は使用料を払って施設を利用していますので、そうでない部外者に施設を使う権利はありません。このルールはとても重要なルールですので、厳守をお願いします。
なお、完全プライベート環境になるワンルームマンションや、宿全体の貸切りの際は、一定の条件のもとで許容できますので、事前にお問い合わせください。
 
 
     
 
代理で予約手続きをすることは出来ますか?
はい、ご親族さま、企業担当者さま、エージェントさんなどに、代理でお手続きいただくことは可能です。ただし、お手続き頂く方に、契約行為者として、もしくは代理人として、支払いを含む契約責任を所持していただくことが前提となります。その意味では、予約交渉者と宿泊者は同一であることが望ましいです。なお、宿泊者が未成年の場合は、保護者もしくは後見人において手続きを行っていただくか、連帯責任の承諾について一言お願いします。
 
 
     
 
滞在開始後に延長することはできますか?いつまでに言えばいいですか?
はい、ご延長のご依頼はいつでも可能です。いつまでに言えばよいかの規定はなく、空いていれば直前でも可能ですし、予約が入ってしまっていれば数ヶ月前の時点でも不可能になります。同じタイミングの場合は、現在の滞在者、リピーターさん、新規の方の順で優先させて頂きますが、少人数定員ゆえ、余裕をもった日程でお申し込みください。一方で、滞在開始後の短縮・キャンセルは基本的にご遠慮いただいております。難しいご事情の場合は個別にご相談ください。
 
 
     
 
支払いはいつ、どのようにすれば良いですか?
支払いの仕方や方法は、メールでの予約手続きにおいて、段階を経てご案内して参ります。大まかな流れとしましては、まず契約時に30%の予約金をお支払いいただき、チェックイン時に残額をお支払い頂きます。予約金のお支払いは、銀行振り込み(UK口座、日本口座)、またはカード(Paypal経由のメールで請求)でお願いしています。残金については、現金(ポンド)、カード(Paypal経由)でのお支払いが可能です。なお、残額はチェックイン時の一括払いが原則ですが、数か月の滞在で額が大きい場合などは分割払いも検討させていただきます。なお、直前のお申し込みやリピーターさんの場合は、予約金なしで対応させていただくこともあります。
 
 
     
 
カードは使えますか?
はい、ご利用いただけます。なお、PayPalを使用しますので、5.5%のPayPal手数料をご負担いただきます。具体的な手続きの仕方は、その時々にご案内させていただきますが、カードリーダーで(店頭ショッピングのように)お支払い頂く方法と、PayPal経由で請求メールを送り、メール内のリンクから(ネットショッピングのように)お手続きいただく方法がございます。
 
 
     
 
キャンセル規定について教えてください。
弊社のキャンセルポリシーは、個室は10日、シェアルームは6日を切りますとキャンセルチャージが発生します。ただし、予約に際していただいているノンリファンダブルの30%の予約金を超えない限り新たなチャージはありません。なお、契約完了後は他を排他してキープしていますので、キャンセルポリシーは、やむを得ない事情への規定です。弊社もチャージすることを望んでいませんので、仮予約的なご依頼はお控えいただき、契約後は基本的にキャンセルの無いようにお願いします。詳しくは、HP、各ハウスのインフォメーション内にも記載がありますのでご参照ください。
 
 
     
 
午前中や夜遅い時間でもチェックインできますか?
宿の規定のチェックイン時間は14時〜20時(最終受付)です。規定時間の前後2時間(正午〜14時、20時〜22時)は、時間外対応料£15(送迎利用の場合は£5)にて受入れ手配が可能です。それ以外のお時間は基本的には対応いたしかねますが、送迎のご利用を前提にご相談ください。
 
 
     
 
設備不良などの場合の返金はありますか?
物件焼失などの極端な事態は別として、日頃起こり得る設備不良などにおいては、基本的にリファンドはありません。こちらの建物は築100年以上のものも多く、故障はつきものとして、壊れたら更新していきます。日本社会のような一大事としての迅速な対応も望めませんし、そうした事態を見越したホテルの様な料金設定でもございません。私どもは慣れていますし、極力迅速な対応を致しますので、どうか、住人である自分達に代わってやってくれている、という見方でご協力ください。

 
     
 
チェックアウトの時間を延ばすことはできますか?
チェックアウト時間は14時までで、14時からは次の方のチェックイン時間になります。つまり、14時以降は次の方の権利時間となります。厳密なチェックまでは致しませんが、基本的にこの時間までにご退室ください。予約状況により、1時間£5にて延長を承れる可能性はございますので、ご希望の場合はご退出日近くに状況をお問い合わせください。初めからどうしても14時以降の時間に退出が必要な事情の方は、予め1泊多くご予約いただく事をお考え下さい。
 
 
     
 
チェックイン日に先に(チェックイン後に)、荷物だけ預かってもらえますか?
前日以前の預け入れや翌日以降の引き取りは「荷物預かりサービス」の規定に準じてお預かり致します。なお、送迎をご利用いただいて正式にチェックイン時間を早めたり遅らせたりした場合は、同時に荷物の預かりもできることになります。
 
 
     
 
滞在期間前や後に、しばらく荷物を預けられますか?
はい、お預かりは可能です。基本、スーツケース1個大につき£1/泊にてお預かりしますが、前後の滞在期間の1泊をスーツケース1個大に延べ換算して、その分は無料でお預かりできます。なお、いくつかの宿には保管場所がなく、移動してお預かりすることになりますので、それらの宿でのお預けの場合は、スーツケース1個大につき£5のハンドリング料が別途掛かります。詳しい荷物預かり規定は、HP、各宿のインフォメーション内に記載がありますのでご参照ください。実際のお手続きに際しては、メールでご希望をお問い合わせいただけましたら、手順などをお伝えいたします。
 
 
     
 
日本から荷物を送れますか?
はい、可能です。ただし、郵便物に関して宿は一切関知しませんので、ご自身が受け取れるように手配ください。他の滞在者がサインや保管を求められたり、荷物が滞在期間外に届いたりすることのないようご配慮ください。住所については『住所を教えてもらえますか?』の項をご参照ください。
 
 
     
 
空港以外からでもお迎えをお願いできますか?
はい、場所を問わずに承れます。これまでも、ロンドン一円の飛行場や鉄道駅、ホームステイ先などの他、ケンブリッジやオックスフォードへのお迎えやお送りのご依頼もお受けしました。料金は正規キャブの半額〜60%程度にて承っておりますが、具体的な料金や時間につきましては、お迎え先の情報と一緒にお問い合わせください。
 
 
     
 
送迎は早朝や深夜でもお願いできますか?
午前中、及び夜22時以降は、基本的にチェックイン対応が出来ないために、送迎の対応もいたしかねることになります。ただし、送迎(基本料+特別対応料£10〜£15)のご利用を前提に、極力チェックイン対応をさせていただきますので、ご相談ください。
 
 
     
 
(宿泊無しで)送迎だけのお願いはできますか?
弊社はキャブ会社ではございませんので、基本的にはお受けできません。ただし、その先に弊社の宿への滞在を控えている方や、ご退室後あまり日の空かない段階のご依頼であれば、対応させていただくことはございますので、お問い合わせください。
 
 
     
 
送迎はいつまでにお願いすれば良いですか?
いつまでという規定はございませんので、必要になりました際にお問い合わせください。もちろん、配車アレンジの都合がございますので、余裕を持ってお申込みいただけたら助かります。特にチェックイン時のお迎えは、チェックイン対応の手配と関係しますので、基本的には、宿泊予約手続きの際に同時にお申し込みいただきたく、ご案内させていただいております。
 
 
     
 
ドライバーは日本人ですか?
日本人ドライバーに加え、現地ドライバーの手配になる場合もございます。ただ、現地ドライバーの手配になる場合でも、当日の空港における緊急連絡先は日本語対応でカバーいたしますし、宿では日本人スタッフがお待ちしております。
 
 
     
 
飛行機やコーチが遅れた場合のお迎えはどうなりますか?
お迎えに際しては、空港等のホームページで、当該便の到着時刻のズレを調べてから参りますので、基本的に問題ございません。ただし、入国審査やロストバゲッジなど、私どもが把握できない理由によってドライバーが現地待機になってしまう場合は、飛行機の場合は着陸後1時間半後から、コーチの場合は到着30分後から、30分につき£15の遅延待機料金がかかります。遅延はご本人様におかれましても予想外のことと思いますし、連絡出来ないなどの事情はあるとは思いますが、送迎会社がそのロスを被ることはできませんことをご理解、ご了承くださいませ。
 
 
     
 
門限はありますか?
特別に門限も消灯時間も定めていません。ただし、マナーとして、12時以降は静かにしましょうというルールを設けています。特に同室の方がいらっしゃるシェアルームの滞在者は、ある程度の制約の出ることはご覚悟の上で、良識的な行動をお願いします。また、とても大切なこととしまして、ご近所様へのご配慮もよろしくお願いします。
 
 
     
 
タバコは吸えますか?
ハウス内は禁煙ですが、外では吸えます。イギリスは、禁煙法によって(個人宅を除く)建物の中での喫煙が全面的に禁じられており、弊社の全てのハウスにおいても屋内は禁煙です。屋外での喫煙は自由ですが、火の管理や吸い殻の始末は別問題ですので、マナーをもってお願いします。
特に、プライベートガーデンやバルコニーのあるハウス以外は、ご近所さんの目に触れる場所での喫煙となりますので、最大限の配慮を心がけていただき、極力外出時の喫煙をお願いします。
 
 
     
 
ドライヤーはありますか?
はい、全ての宿(基本的に各お部屋)にドライヤーを揃えております。日本からドライヤーをご持参したい場合は、UKの電圧(240V)に対応しているかご確認ください。日本の電圧(100V)用のものはそのままでは使えませんし、携帯可能な重さ程度の変圧器では、ドライヤーのような大きな電圧は変圧しきれません。
 
 
     
 
消耗品はどこまで持参したほうが良いですか?
各ハウスには生活に必要な設備は一通り揃っておりますが、消耗品に関しては、基本的にご自身でご用意いただきます。各シェアハウスへは、食器洗い用洗剤や掃除用洗剤類、ポリ袋などの共用的な消耗品は出来る限り補充するようにしていますが、食材、調味料(共有棚に多少はあります)、シャンプー・リンス、洗濯用洗剤などの個人的な消耗品はご用意ください。恐縮ながら、トイレットペーパー、タオル類もお願いします。スリッパはあります。
 
 
     
 
Wi-Fi環境はありますか?
全ての宿において、無料のWi-Fi環境を整えております。宿備えつけのインフォメーションに記載されているパスワードを入力いただければ、そのままお使いいただけます。ルーターのそばであればケーブル接続も可能です。なお、個々のPCの具体的な設定や不具合の対処はご自身でお願いします。また、Wi-Fi環境は完全な無料提供として、万が一の不通の際は無いものとしてご容赦ください(最近はUKのインフラも良くなりまして、不通の事態はほぼありません)。
 
 
     
 
変圧器、変換プラグはありますか?
どちらとも、常設はしておりませんので、必要な方は各自でご用意ください。なお、ドライヤーや炊飯器等の大きな電力用の変圧器は持ち歩ける重さではありませんのでご注意ください。変換プラグは、コンセントの差し込み口の形状を変えるだけの器具で、大型スーパーなどで、数ポンド程で入手できます。型番はBF1(四角い棒が3本出ている形状)です。
 
 
     
 
駐車場はありますか?
アップルハウス、ウエストアクトンハウス、ウエストアクトンスタジオ、ノースアクトン・フィールドスタジオ、には無料専用駐車場がございます。数に限りがございますのでご希望の方は事前にお問い合わせください。なお、その他の宿には専用駐車場はございませんが、周辺にロードパーキングはありますし、少し離れた場所に無料で駐車できる場所もあったりしますのでご相談ください。
 
 
     
 
お風呂にお湯をためられますか?
特に各シェアハウスは基本的にご遠慮いただいております。いくつかのハウスの給湯はタンクに溜めたお湯を使う形で、シャワーなら問題ないものの、一気に使うと補給が追い付かずに水になってしまいます。いくつかのハウスのボイラーは瞬間給湯式ではありますが、それでも、用水光熱費の問題、皆さんの待ち時間の問題、といった重要な懸念がございますので、禁止とさせていただきます。ただし、ワンルームSTUDIO物件のうち、バスタブを備える物件は、一定の許容をさせていただいており、その点が売りでもあります。
 
 
     
 
暖房はいつ入りますか?
サマータイム終了を目処に入れ始め、毎年行っている感覚で、冬が深まるにつれ、稼働時間を延ばしていきます。サマータイム終了前でも、極端に寒い時はこの限りではありませんが。なお、弊社の全ての物件がセントラルヒーティングです。
 
 
     
 
洗濯物を干すところはあるのですか?
宿に備えている室内用洗濯物干しを使って、ご自身のお部屋に干していただくことになります(カムデンハウスはリビングが主体となります)。なお、いつも洗濯物が干してある状況は、結露や湿気によって宿にダメージを与えます。全ての宿の洗濯機は乾燥機付きですので、電気代の節約にご配慮いただきながら、有効に使ってください。また、各宿に除湿機も備えていますので、特に冬季は乾燥補助機として有効に併用してください。なお、アップルハウス、ウエストアクトンハウスはお庭でも干せます。特にウエストアクトンハウスのお庭にはひさしがありますので、この宿に限っては外干しが基本です。